「食人」を刷り込むイルミナティたち

近年、『東京喰種トーキョーグール』『進撃の巨人』『鬼滅の刃』など、
「食人」を描くマンガが数多くあります。

これらのマンガはいずれも大ヒットし、
小さな子供も含めて多くの人が目にしています。

さすがに実写としてカニバリズム(人肉食)を描くとマズいので、
イルミナティはマンガを使って一般庶民を洗脳しているようです。

これらのマンガは「人を食べる」という行為を
見た人の深層心理に刻みつけます。

神様は人間に“共食い”させることを許しませんでした。
習慣的に人肉食をしている民族は
死に至る「クールー病」に罹患します。

一時期、狂牛病(BSE)という牛の病気が話題になりました。
エサの中に「肉骨粉」(牛の肉や骨)を混ぜて食べさせられた牛は
脳がスポンジ状になり、腰が砕けたような状態になったのです。

BSE Filmsequenz (Quelle: Prof. Ueli Braun, Universität Zürich)

ロシアのプーチンがパーキンソン病になったらしいですが、
実はクールー病ではないか? という話もあります。

プーチンも創価でクールー病。

以前からイルミナティのクールー病は話題になっていましたね。

Did Hillary Clinton Have A Breakdown On Camera?

独・メルケル首相 新閣僚の就任式で震え止まらず(19/06/28)

そしてクールー病は海外のイルミナティだけでなく、
日本の皇室・秋篠宮も発症している模様。

神様に逆らうことばかりやっている悪魔崇拝者たち。
「善の法則」が地上を覆っている今、
彼らが裁かれているのがよく分かります。

ということで、彼らの仲間にならないためにも
精神と肉体に悪影響を及ぼすマンガは
読まないことが知恵であると考えられます。