関越バス事故は生贄儀式の可能性あり

関西は大和朝廷で藤原・秦氏。
中部・関東は出雲族のホームグラウンドだということが分かりました。

確かに山梨県北杜市には大本教をはじめとした宗教団体の施設が数多くあり、
長野の軽井沢にはビル・ゲイツの別荘、
諏訪湖の辺りは縄文時代に製鉄が盛んに行われており
悪魔崇拝の聖地でした。

なぜ『君の名は。』の聖地が 「諏訪湖」でなくてはならないのか?

その中でも群馬県が李家の拠点であることが判明。

JAL123便事故を起こした出雲族に対する秦氏(麻生太郎)からの復讐劇か?

群馬県には古墳が1万基以上もあり、
国宝・国指定重要文化財の埴輪(はにわ)全42件のうち19件(45%)が出土。

生贄の代わりとして使われた埴輪は
悪魔崇拝と密接な関わりがあります。

そして群馬県で起きた大事故といえば2012年4月29日に起きた
「関越自動車道高速バス居眠り運転事故」です。

この事故では乗客7人が亡くなり、
乗客乗員39人が重軽傷を負いました。

生きていた運転手は帰化した中国人・河野化山。
当時の掲示板では
創価学会の工作員が揉み消しに躍起になっていたらしい。

バスの行き先はディズニーランド、
旅行業者「ハーヴェストホールディングス」は“収穫”で、
「陸援隊」は売国奴・坂本龍馬へのオマージュ。

このように悪魔崇拝のキーワードが色々と出てくるので、
関越バス事故は国常立尊への生贄儀式の可能性が高くなってきました。

群馬には陸上自衛隊相馬原駐屯地があるので、
今後、大がかりな事件を計画しているかもしれません。

群馬に関しては注目しておく必要があります。