“死に体”のマスコミ同士の争いが激化

伊藤健太郎という若い俳優がひき逃げで逮捕されました。

気になったのが「FNNが事故直後の映像を独自に入手しました」という部分。
所謂、「スクープ」だと思うのですが、
現場にフジテレビのスタッフでも“偶然”いたのでしょうか?

とてもヤラセくさい話です。
そういえばTOKIOの山口達也が追突した車の運転手は警察官でした。

イルミナティは交通事故を装って相手を嵌めることをよくやります。

今回のひき逃げ事故で
バイクに乗っていた被害者が何者なのか公表して欲しいものです。

「事件や事故の現場にマスコミの連中がいた」というシチュエーションは
必ず彼らが絡んでいます。

8年前、9人の死者を出した中央自動車道・笹子トンネルの天井崩落事故現場には
NHKの記者がいました。

京アニが放火された日は
NHKのディレクター・吉田達裕が取材に訪れる日でした。

で、伊藤健太郎が逮捕された結果、
彼が出演していたNHKの「スカーレット」の配信が停止。
NHKにとっては痛手でしょう。

政治家や企業と組んで「ヤラセスクープ」で数字を稼いできたNHKが、
今度は逆に“死に体”のフジテレビから攻撃されているのが笑えます。

ビジネスモデルとしてすでに破綻しているオールドメディア。
彼らの最後の足掻きを象徴しているようで、切なさを感じさせます。