世界中に嘘をばら撒くディープフェイク映像

アイキャッチは出川とトランプの顔を組み合わせたディープフェイク。
下のYouTubeチャンネルからお借りしました。

最強ディープフェイク海外勢全員参戦!

AIってスゴいですね。
こんなにも簡単にディープフェイク映像を作れるとは…。

ディープフェイクのAIに頼んで自分をハリーポッターに登場させたり自分自身と結婚させたりするZAO

ディープフェイクはハイパフォーマンスの機材を使って
それなりの人数と時間をかけて組織的に作られるものだと、
私は考えていました。

しかしスマホのアプリだけで、これだけのものができるのです。
時間とお金をかければ、更に完璧なフェイク映像が作れそう。

長編はムリだとしても短いニュース映像なら、
破綻することなく人々を騙せるでしょう。

実際にディープフェイクのポルノを配信していた男たちが
日本で逮捕されています。

彼らがいくら稼いだかわかりませんが、
ある程度クオリティが高かったために需要があったのでしょう。

以前にも「Photoshop」を使った“アイコラ”は有名でしたが、
それが映像ともなると更にインパクトがあります。

当然、大嘘つきの政治家がこの技術を使わない手はありません。

橋下徹や蓮舫など、似ても似つかない影武者を使うよりも
ディープフェイクの方がバレにくく、扱いやすいのではないでしょうか?

テクノロジーの進化のおかげで、
真理と嘘を見分けるのが更に難しい時代になってきました。
困ったものです。

今後、ディープフェイクは一般市民には法でがんじがらめにして使わせずに、
イルミナティたちは更に進化した映像技術で私たちを欺くことでしょう。

おまけ情報:
サムスン電子の李健熙会長が78歳で死にました。
李健熙は韓国・李家の中心的な人物です。

「使命者だったはずの文鮮明が使命を放棄したために、
朝鮮人は民族的に裁かれる運命にある」という
ラプト氏の言葉を思い出しました。