ストーカーになるための英才教育があった!?

愛媛に住むラプト氏の所に創価信者による集団ストーカーが現れました。
そのおかげで、更に創価学会の悪の実態が明らかになったのです。

以下の人たちが創価信者のストーカーなので、注意が必要です。

2005年に起きた「奈良騒音傷害事件」では、
加害者であると思われていた“布団を叩くオバサン”が実は被害者で、
近所に住む創価信者に嵌められた、ということが分かっています。

創価信者は様々な地域で住民とトラブルを起こしています。
しかし、その全てを“総体革命”による司法や行政、警察、消防、学校などに入り込んだ創価信者が揉み消してきた歴史があります。

集団ストーカーは彼らが得意とする脅迫行為で、
敵対する団体や脱会者に対して頻繁に行われてきたものです。

創価学会ではこの集団ストーカーに子供も参加させているようで、
それが彼らの成長に著しく弊害をもたらしている模様。

小さい頃から人の嫌がることをやって親から褒められた子供。
そんな人間が成長し学校に行ったり、社会人になって会社に入れば、
間違いなく迫害され排除されることでしょう。

やはり悪魔教の創価学会。
関わる時間が長ければ長いほど抜け出せなくなり、
人生がボロボロになっていきます。

当たり前のことですが、ストーカー行為は犯罪です。

中心者・ラプト氏の所に彼らがノコノコと現れてきたのは、
まさに神様の導きであると考えられます。

今後はこの創価信者による集団ストーカーの闇が暴かれることになります。