アメリカのイルミナティも人材不足

日本では総理大臣である菅義偉がまったく存在感がなくて笑ってしまうのですが、
アメリカでも盛り上がっているハズの大統領選挙がこの有り様。

これでは彼らの得意技「Divide and Rulu(分割統治)」ができそうにありません。

こんな姿を見ると、
「イルミナティはもう終ったのだ」とつくづく思うのです。

また、日本のイルミナティ・創価信者も同様で
壊滅の危機を招いています。

ヤフー知恵袋より

ID非公開さん
2020/5/8 15:48
知恵袋では創価学会は壊滅寸前だと言われています。
もしもそれが本当なら、何年後に壊滅されるのでしょうか?
創価学会の衰退が表れているのはどういった所ですか?
創価学会が壊滅したら、
次はどの宗教が力を付けそうですか?

lfx********さん
2020/5/8 19:25
「知恵袋では」ではなく「世間では」の間違いですので、お間違えの無いよう。

>創価学会の衰退が表れているのはどういった所ですか?

公明党の得票数は年々低下し、去年は過去最低を記録。
一昨年、テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)で特集が組まれ、 「創価学会の離反」と題し、創価学会の内紛と信者離れが取り上げられました。

10年も表に出てこない教祖に不審を抱く信者、反旗を翻した職員3名が教団を攻撃、 内部は統制が取れず混乱状態、信者の信仰心は低下するばかり。

若者の多くは退会して、残るは高齢者ばかりという現状が映し出されました。

週間ダイヤモンド紙(2018年10月号)によると、創価学会の縮小は顕著で、 近いうちに弱小教団になるとのこと。

創価学会はあと10年も経てば全国に作った会員を維持することができなくなると 予測しています。確実に縮小し、遠くないうちに撤退するでしょう。

時事ニュース 2019年7月27日号
得票減少、募る危機感=議席最多も組織力に陰り-公明

「勝ったときに負ける因を作る。負けたときに勝つ因を作る。」と言いますが、 過去最多の14議席を獲得しても比例の得票数が653万票では、次の選挙は厳しいですね。

同党は「支持者の高齢化で運動量が低下している」のを原因にしていますが、 支援者に大変失礼です。

公明党にとっては支持者の創価学会員は「集票マシン」に過ぎなかったという本音を、 端的に漏らしています。

2015年の安保法制、2017年の共謀罪法等々の自民党の極右政策を推進してきた公明党の在り方が、 外部の支持者だけでなく内部の学会員にも反感を買ったのでしょう。

さらに、一昨年9月の沖縄県知事選では、 自公で支援した佐喜真淳氏が玉城デニー氏に約8万票もの差をつけられ大敗。

創価学会の原田稔会長自らが沖縄入りして指揮を執り、数千人規模の学会員を動員した末の敗北は、 公明党にも大きなショックを与えました。

ネットは批判だらけ、創価学会は終わった宗教団体という投稿が山のようにあります。
しかも、世間の評価は最悪、集票数と組織力は年々低下。

焦って、自作自演で芝居をして国民をたぶらかし、宣伝、教宣、勧誘促進をしてみたけど、これも失敗。

テロ犯罪の証拠だけ取られて、創価学会の暗部が今まで以上に目立つ結果となってしまいました。

つまり、国民のひとりでも動きを見せれば、創価学会は潰されてしまうことを意味しています。

創価学会は衰亡一択でございます。

>何年後に壊滅されるのでしょうか?

・公明党は非常に厳しく。次の選挙は無い。(時事ニュース)
・創価学会の座談会は老人会のお茶会だ (雑誌 プレジデント)
・週間ダイヤモンド紙(2018年10月号)によると、創価学会の縮小は顕著で、近いうちに弱小教団になるとのこと。創価学会はあと10年も経てば全国に作った会員を維持することができなくなる(週刊ダイヤモンド)
・国民のひとりでも創価学会の国家転覆とテロ犯罪について、証拠、証言、各種資料を以て、然るべき対応をすれば、創価学会は瀕死の重傷を負います。 死にかけの組織に致命傷を負わせるわけだから、結果は見えてます。