人生を破壊するカルト宗教・創価学会に注意

愛媛に住むラプト氏の周辺にも集団ストーカーが現れるようになり、
実際に、お三方に対して「嫌がらせ行為」が続いているようです。

創価学会のネット工作員・NECTEREが尻尾を出して追い出されたので、
彼らは得意技のパワープレーで私たちの活動を止めにきているようです。

やはり集団ストーカーは存在し、
創価学会は辞めていった人間や敵対する宗教団体を徹底的に叩き潰すようです。

三浦春馬と竹内結子の自殺も、
創価学会が関係しているのではないか? という噂があります。

また、ラプト信者の兄弟姉妹には
実際に創価学会によって家庭を崩壊させられた人もいるようです。

この記事を読むと、まるで共産主義のような
創価学会の陰湿さがよく分かります。

私の職場にも過去に5~6人の創価信者がいました。

彼らは揃いも揃って仕事が出来ず、
まさに「足手まとい」という存在でした。

私もあえて宗教の話をしなかったので勧誘されることもなく、
選挙の時も「公明党に票を入れろ」とは言ってこなかったです。

カルト宗教を信じるから馬鹿になるのか? 
それとも馬鹿だからカルト宗教に嵌まるのか?

そのどちらか分かりませんが、
“愚鈍”という言葉がピッタリな人が多かったような気がします。

「法律が適用されない頭の狂った集団」
それがまさに創価学会であり、
こんな奴らが野放しにされていることに驚きを隠せません。

ラプト氏たちに纏わり付く悪魔崇拝者たちが
一日でも早く排除されることを祈ります。