神業とは超人的な技術を会得することではない

一般的に「神業(かみわざ)」とは
他人には真似できない超人的な技術や行為のことだと考えられています。

しかし、それは違っていて
「神業とは人々を義に立ち返らせて、自分と他者の人生を180度変えてあげること」だと、
今回の御言葉で教えていただきました。

神業は決して奇跡的なものではなく、日常的なもの。
自分と他者の日々の生活から「不幸になっていく種」を排除することです。

不幸になっていく種=悪

昨今は何が善で何が悪か、わからなくなっている時代です。
ボーッとして生きていると気づいた時には悪を行っており、
すでに抜け出せない状態になっています。

そうならないためにも善と悪の区別をキッチリと付ける必要があります。
幸せに生きていくために“御言葉”は重要な指針となります。