信頼度がゼロになった病院に未来はあるのか?

がんや白血病、コロナ、ワクチンなどなど、
今まで嘘に嘘を重ねて庶民から金と命を奪ってきた病院。

その病院が裁かれています。

今回のコロナ茶番劇も含め、
創価学会の手先となって私たちを欺いてきた彼らの罪は
非常に重いと考えられます。

病院に対する信頼度がゼロになった今、
高齢者以外は彼らの話をまともに聞くことはないでしょう。

比較的まともな病院だけが生き残り、
大多数は淘汰される時代がやってきました。