一足先にタイで王制が崩れ去る予兆

タイは王制を敷いており、
現在の国王はワチラロンコンという人。

まあ、写真を見て貰えば分かるとおり
この国王が絵に描いたような“クズ”なのです。

現在、彼はタイ国内には住んでおらず、
ミュンヘンのホテルを借し切り、
愛人を囲ってのハーレム生活を送っているとのこと。

その資金はタイ人の税金から出ていると思われ、
国民の怒りが頂点に…。
結果、このようなデモが行われているワケです。

NHKニュース
 
タイ 反政府デモ タブーとされた王制改革求める要望書を提出 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200920/k10012627591000.html
【NHK】タイの首都バンコクではプラユット政権の発足以来、最大規模の反政府デモが行われ、これまでは議論することさえタブーとされてき…

タイは長年、国王を批判することはタブー視されてきました。
それが変わってきたのです。

タイと同様、
日本にも私たちの税金で遊び呆けている
天皇家とその一味がいますね。

彼らが何のために存在しているのか、
まったく分かりません。

存在価値がない種は淘汰されるのが、
神様が作られた法則です。

現在、地上に神様が降臨されているので
様々な場所で「善の法則」が顕著に現れています。
早い段階で天皇制も崩壊することになるでしょう。