ラプト理論の視点で読む『三体Ⅱ 黒暗森林』

決戦は400年後。スケールはデカいけれど…

『三体』3部作の第2部です。
今回は上下巻に分かれていてボリューム感たっぷり、結構長いです。
第1部の感想はコチラ

途中、飽きてしまったので中断を挟みつつ、
決戦間際は物語にスピード感があったので何とか読了。

最後まで主人公である大学教授の羅輯(ルオ・ジー)に
感情移入することができなかったので、
正直言って「う~ん」という感じ。

ただし400年後の世界の描写はなかなか面白かった。
※以下、ネタバレ注意!!

宇宙艦隊もののSFなのに頭脳戦?

第1部では葉文潔(イエ・ウェンジエ)が
三体文明に地球文明の滅亡を依頼した所で終わりました。

星の彼方に住む三体文明の艦隊が地球文明を滅ぼすために
「来るだけで、400年かかる」という途方もない話。

それじゃ、登場人物はみんな死んじゃうんじゃない?
と思っていたのですが、
「人工冬眠」という反則技の技術が発達していて、
彼らのほとんどが三体文明の艦隊と地球艦隊の決戦まで生きているのがスゴい。

単純にご都合主義なだけかもしれないが…。

そして400年後の地球を救うために
4人の面壁者(ウォールフェイサー)が立てられるわけですが、
三体文明が放った陽子サイズのスーパーコンピュータ「智子(ソフォン)」が
監視しているために計画がバレてしまいます。
※「智子」って、作者の劉慈欣は絶対に『攻殻機動隊』を読んでいるだろ?

地球を救うための手段は面壁者の“思考”の中だけにあるという、
文化大革命を経験した共産主義国に住む人間ならではの発想です。

文書に残さない「ドルイド」にも共通していますね。

そして面壁者の一人、羅輯(ルオ・ジー)は
三体文明に対して“呪文”を送るのですが、
その呪文というのが「三体文明が存在する星の座標」。

「お前らの住む星の座標を全宇宙にばら撒いちゃうゾ」と脅したワケです。

座標を示された文明(イルミナティ)は終わる運命

「攻撃は最大の防御なり」を地で行く黒暗世界では
共存という概念がなく、
自分の存在を知られると周辺にある全ての文明から総攻撃されるのです。

ジャングルの中で自分の位置を知られると
肉食獣の餌食になるのと似ています。

いかに上手く闇に紛れて敵の隙を伺い
攻撃を先に仕掛けられるかが勝敗を分けます。

これはイルミナティの世界と一緒ですね。
イルミナティは食うか食われるか、騙すか騙されるか、殺すか殺されるか、
策略はバレた時点でおしまい。

そして三体世界と同様にイルミナティは自分以外は全て敵です。
様々な悪事の黒幕が自分だとバレたら、
総攻撃を喰らうのは目に見えています。

そして今、ラプト理論によって彼らの悪事が白日の下に晒され、
人類の敵の座標がバレてしまいました。

安倍晋三せよ、麻生太郎にせよ、
彼らが多くの事件や事故の真犯人であることがわかれば、
周囲に群がる敵ばかりでなく一般市民からも総攻撃を受けることになります。

だから彼らは言論弾圧をして、必死で隠そうとしているのです。

小説の中では三体文明は羅輯(ルオ・ジー)に対して
和平を申し込んでくるのですが、
実際のイルミナティにはそんな頭はないので
強行策に出ているのが現状です。

これからもイルミナティの実働部隊である創価学会は
煙幕を撒きつつ悪事を働くことでしょう。

その煙に巻かれないように
奴らの座標を正確に把握し、その情報を共有・拡散し、
追い詰めていくことが
とても重要であると思った次第です。