私たちの生活の中に潜む「隠れ創価」

現代のパリサイ派・律法学者である創価学会。

実際に調べてみると創価企業は想像以上に多く、
私たちの生活の中に溶け込んでいます。

一般的に創価企業として認知されていない企業でも、
「中身は創価だった」というパターンがあります。

その裏側にいるのが
「マッキンゼー」というコンサルティング会社です。

マッキンゼーは創価ネットワークの中心であり、
“頭脳”と言っても過言ではありません。

今回のコロナ茶番劇でも暗躍しています。

創価マネーで各国政府の中枢に食い込んで“茶番劇”を演出し、
「池田大作が夢見た世界」を築き上げようとしています。

そして今日もセッセと私たちの血税を
創価企業に垂れ流しているのです。

マッキンゼー出身者は
当然、創価の息が掛かっている人間です。

更に「アクセンチュア」というコンサルティング会社も
創価企業なので注意が必要です。

このように知られていない「隠れ創価」が一番たちが悪く、
彼らは情報戦を得意としています。

選挙のインチキや統計の改竄に始まり、
ショック・ドクトリンやクライシスアクターの手配などなど、
あらゆる“陰謀”に手を染めていることでしょう。

私たちはこんな卑劣な奴らに騙されるわけにはいきません。
御言葉で「創価学会の滅び」が宣布されました。
神様に彼らの滅びを強力に祈り求めます。

「今回、私たちがイルミナティと称している悪なる者たちの正体が、
実は創価学会であったということがはっきりと解明されました。」

おまけ情報:
電磁波攻撃は創価のミスリードなので騙されないように!!