この世の支配階級は悪魔を崇拝していた、という事実

パウロ先生

テモテくんは
「子供5万人大虐殺の罪でローマ法王とエリザベス女王に対し懲役25年の有罪判決」
というニュースを知っているかな?
ずいぶん前に聞いた気がしますが、
正直、眉唾ものかな~
と、いうのが正直な意見です。
だって、
あのイギリスのエリザベス女王と
バチカンのローマ法王ですよね?

テモテくん

パウロ先生

そう、まさに権威の象徴である人物に対して
ブリュッセルの国際慣習法裁判所が
懲役25年の有罪判決を出したんだ。
当然、支配階級のプロパガンダ機関である
マスコミは完全に沈黙していたがね
裁判所が判決を出した、ということは
しっかりとした証拠が揃ってたんですか?

テモテくん

以下、動画の解説より引用
エリザベス女王とバチカンによるモホーク族の子供達の大量虐殺がカナダで明らかになる。
By Alfred Lambremont Webre, JD, MEd (2011年10月8日の記事です)
カナダのブラントフォードにて
モホーク族の為に1970年に閉鎖されるまで英国教会とバチカンによって運営されていたモホーク研究所の寄宿学校内にて、モホーク族の子供達の集団墓地が地中探知レーダーによって発見されました。
教会と国家の犯罪国際法廷(www.itccs.org)の秘書であるケビンアネット牧師によると、モホーク族の研究所は、1832年にイギリスの英国国教会によってモホーク族の子どもたちの世代を投獄し、破壊する為に設立されました。カナダでは最も早く設立されたインディアンの為の寄宿学校は1970年まで続きました。そしてほとんどの全寮制学校の様にそこへ投獄された子供達の半数以上は決して戻る事はありませんでした。それら子供達の多くが学校の周辺に埋められています。
今では隣接する地中レーダーによる予備スキャンはモホーク研究所本館を閉じることになりました。1970年にモホーク研究所が閉鎖される直前にモホーク族の子供達の集団墓地をカムフラージュし、ジュネーブ条約、国際刑事裁判所、および協力国の裁判所の下、大量虐殺と人道に対する罪で追訴される事を回避する為に15から20フィートの土が運び込まれ、集団墓地の上に置かれたとモホーク族の研究所は明らかにしています。
今年の10月下旬にベルギーのブリュッセルとアイルランドのダブリンにて教会と国家の犯罪に関する国際法廷(ITCCS.org)は、司法手続を開始する予定です。法医学的証拠によると、人道に対する子供達への大量虐殺の罪の為です。故意に子供の大量虐殺計画と隠蔽工作に参加したとされる、カナダと英国国教会の頭であるエリザベスウィンザーと教皇ヨセフラッツィンガーに対してです。
裁判のセッションは、もともとロンドン、イギリスで開催されるとされていましたが、英国政府は理由もなしに犯罪に関する国際法廷の国務長官と主要な法律家とスタッフへの入国を拒否しています。
モホーク研究所内で地中探知レーダーによって発見されたモホーク族の子供達の大量埋葬地は目撃者ウィリアム・クームズのビデオテープ証拠に続くものです。それは1964年10月、カナダと英国国教会の頭であるエリザベス・ウィンザーがブリティッシュコロンビア州にあるカムループスの先住民学校を訪れ、10人の若い先住民の子供達を選び、彼女の足にキスをさせ、伝えられるところによると湖でのピクニックの為に学校から彼らを連れて行ったというものです。
その10人の先住民の子供達は決して姿を見せることはありませんでした。エリザベスウィンザーの子供達の虐殺を教会と国家の犯罪国際法廷(ITCCS.org)に証拠を提供したクームズ氏は2011年2月に殺害されています。幸いな事に、クームズ氏の証言は生前にビデオに録画され、裁判で有効なものになっています。
拷問の儀式でモホーク族の子供達を拷問するため使う(体を引っ張り裂く形式の)拷問台のような器具は現在では閉鎖されたモホーク研究所内で発見されているとケビンアネット牧師は述べています。
モホーク族の地域社会の目撃者達は子供達に対する拷問儀式において赤いローブの司祭達を見たとはっきり述べています。 これらの類似点は国と英国国教会の頭であるエリザベスウィンザーを示唆している。彼女はこの組織的な大量殺害計画と儀式的拷問や英国国教会とバチカンにより運営された英国国教会の寄宿学校での殺人を個人的にも知っており、命令し、参加していたのです。
インタビューでアネット牧師はカナダの主流なメディアやカナダ政府は隠蔽工作とモホーク研究所のモホークの子供達への大虐殺の発見の報道管制を続けいると述べています。
これが本当だとしたら
イギリスにとって国を揺るがすような大スキャンダルですよね?
それがもみ消された…。
しかも被害者の子供は5万人ですか!?
先生、彼らはどうしてこのようなことを
行ったのですか?

テモテくん

パウロ先生

ここが重要なのだが、
英国王室とバチカン、そして日本の皇室は、
サタニズム(悪魔崇拝)の総本山
と言われているのだ。
子供たちは、その生け贄儀式として殺されたらしい

え!?
日本の皇室は津波の被害にあった人たちを励ましたり、
いつもニコニコして手を振って
いい人そうじゃないですか。
それに、
バチカンはカトリックの聖地ですよね?
つまりは神様を礼拝している神聖なる場所で、
悪魔崇拝が行われていたと…

テモテくん

パウロ先生

日本の皇室については追い追い話していくとして、
テモテくんはカタコンベを知っているかな?
ローマ時代のお墓ですよね?

テモテくん

パウロ先生

そう。
でも実際に写真で見るとこんな感じだ。
死者を弄んでいる感じに見えないか?
ローマ時代のカタコンベと骸骨寺
参考 東京の地下に眠る秘密施設。その構造についての幾つかの考察。ラプトブログ
確かに
死者を冒涜しているような…

テモテくん

パウロ先生

しかも、
現在の教会では“聖書”で禁じているはずの
同性愛や幼児虐待、レイプ事件の数々。
さらには偶像崇拝までもが行われているのだ
“]
明らかに変態集団です。
どうしてこんなことになっているんです?

テモテくん

パウロ先生

教会はすでに
「悪魔を崇拝する者たちに乗っ取られている」
ということだ


ローマ教皇ベネディクト16世
この人って
どう見てもダークサイドに墜ちてる雰囲気です~。
本当に聖職者なんですか?

テモテくん

パウロ先生

そう、
トップからしてこんな感じだから
カトリックの教会は、ほとんどが悪魔崇拝の集団
といって間違いないだろう。
では、プロテスタントの教会はというと
これもまた
そのモラルは崩壊している。
しかも、
“聖書”では偶像崇拝を禁じているのに
“マリア像”に祈りを捧げたりしている
キリスト教のことはよく知らなかったけど
もちろん“聖書”は知っています。
その“聖書”に『偶像崇拝の禁止』が書かれているんですね。
マリア様なんて、像の写真や絵を見ると
優しそうで癒やされる気がするけど
ダメなんですか?

テモテくん

パウロ先生

一見優しそうで全ての人を受け入れそうな
“雰囲気”には注意が必要だと思わないか?
確かに…、
安倍晋三なんかも、優男風だしボンボンだから
悪いことはしないだろうな、と思っていたら
とんでもない詐欺師でしたからね

テモテくん

パウロ先生

そういうことだ。
これからの時代を生き抜いていくためには
ウソを見分ける力が必要なのだ。
幸いにしてネット上にはウソも氾濫しているが
数少ないが“真実”もちりばめられている。
そのピースを探し当てることが
賢く生きる方法だ。
この“悪魔崇拝”に関しては今後も追求していくから、
ネットで勉強しておくように!!