悪魔教のラスボスは創価学会

イルミナティパズルの最後のピースである創価学会。
その滅びが御言葉で宣布されました。

大本教→生長の家→創価学会

ここ数年、日本における悪魔教の歴史を私たちは学んできました。
現代の悪魔崇拝の総本山は天皇であり創価学会です。

その教理はまるで「シオンの議定書」を彷彿とさせる内容です。
これらを実行部隊である在日朝鮮人や在日中国人が行っていたのです。
彼らは生活保護をもらい、
私たち日本人に対して暴力や暴言、ストーカー行為などをして
迫害していました。

彼らの悪魔的な行為が許されるはずがありません。

近年、日本を覆い尽くす閉塞的で異質な空気を作ってきたのは
他でもない創価学会です。

コロナ茶番劇を陰で操ってきたのも
創価学会であることがわかりました。

陰謀の世界は「バレたら終わり」。
横田早紀江もラプト理論によってウソがバレた途端に
急にトーンダウンしてきました。

覆われているもので現わされないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない。
ルカ12.2

悪魔崇拝者たちの全ての悪事が
白日の下に晒される時が来たのです。

「ユダヤ陰謀論」は決して絵空事ではなく、
本当の話だったことが証明されたのです。

おまけ情報:
愛子を天皇にしたいのはどうやら創価学会らしい…。
ネット上に広がる令和天皇派と秋篠宮派の誹謗中傷合戦は
この辺から出てきているのでしょう。