「産みの苦しみ」の果てにあるもの

明治維新以降、日本ではユダヤ人である李家の支配が始まり、
あらゆる分野で李家の血筋である在日の外国人しか
活躍することができなくなりました。

彼らは金と暴力によって、
純粋な日本人を悉く排除してきたのです。

まずは、その事実を私たちは理解しなくてはなりません。

壮大な茶番劇であった戦争を潜り抜け、
高度成長期を迎えた頃は
日本人でも物質による豊かさを享受してきました。

そしてバブル絶頂を迎えたあたりから、
李家は私たちに対して牙を剥き
日本人の生活水準は落ちる一方です。

特に朝鮮李家の末裔・安倍晋三が首相になってから、
ものの見事に全てが悪い方へと転げ落ちて行きました。

その結果、産業は落ちぶれて
もはや中国の背中すら見えない有り様。

娯楽であるはずの映画やテレビはウソと内輪ウケばかりでつまらなくなり、
見るに耐えられないものになりました。

音楽にしても売れているのは、
プロモーションを大々的にしてもらった在日の人間だけ。

“売れている”といっても、
それはかなり下駄を履かせた数字で
利益が出ているのかどうかも疑わしいレベルです。

本の世界、文学においても
芥川賞や直木賞などを受賞した作品を読んでみても、
それはもうヒドい出来です。

つまり全てが在日による“出来レース”なので、
中身がスッカスカなのです。

その結果として、
この国に住む大多数の日本人にソッポを向かれているのが現状です。

そんな偽物ばかりがデカイ顔をしている国が
栄えるわけがありません。

しかし、それは産みの苦しみです。

ラプト理論が現れ、
神様が地上に降臨したので当然の成り行きです。

行き着くところまで行った時に偽物は淘汰され、
本物だけが残る時代が来ます。

今まで死ぬ思いで頑張ってきた日本人には
朗報ではないでしょうか?

もう彼らのインチキが通用しないのですから、
文化芸術、スポーツなどでも
新しい本当の日本人が活躍するようになります。

今は過渡期です。
本物になるためには神様の御言葉に従わなくては無理です。

自分の力だけでは高が知れています。
あなたもその事実に気付いて、
新しい世界を生き抜くための知恵を付けるべきです。