国民に知られてはいけない案件

本当に日本のマスコミは横並びでわかりやすい。
一体、誰が指示を出しているのでしょうか?
とても気になります。

「貧すれば鈍する」、
国民が賢くなった今、このように隠蔽するやり方は時代遅れです。

6月10日の記事、
「自衛官がマスクを着けたままで徒歩行進訓練に参加し、その後に倒れて死亡した」とのこと。

6月17日現在、
この事故に関する記事が検索では引っかかるものの
リンク先に飛ぶと尽く消されています。

確実に彼らの「国民に知られてはいけない案件」に相当する模様。

隠そうとすれば、
それが上級国民にとって都合の悪い事件・事故であることがバレるのに…。
よくやります。

死亡した自衛官は45歳。
訓練に参加するくらいなので健康体だったでしょう。
こんな人でもマスクを着けたままで激しい運動をすれば酸素不足に陥り、
心筋梗塞を起こすのです。

マスク着用はとても危険です。
中国でもマスクを着けて体育をしていた中学生が死亡しています。

これから夏本番を迎え、さらに気温が上昇します。
多くの人が熱中症になる危険性があります。

コロナありきの社会にしたい上級国民=大本教の信者たち。
全世界を巻き込んだ大掛かりな茶番劇なので、
後戻りができないのはわかります。

しかし今回のような悲劇を繰り返さないためにも
そして未来ある子供達のためにも
一刻も早くこんな馬鹿げたことはやめてほしいものです。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

解説記事はこちらから http://kawata2018.com/2020-04-12/ RAPTブログ https://rapt-neo.com KAWATAのブログ http://kawata2018.com