李家とロスチャイルド家の戦い。5Gは手打ちか!?

中国のフリーメーソンを「梅花(メイファー)」と呼ぶらしい。
メイファー=李家

ということで、
相も変らずイルミナティ同士の権力争いが続いていますが、
5Gに関しては共闘することに決めたらしい。
※トランプの言うことは滅茶苦茶なので、後で変わるかもしれませんが…。

ITやAI、通信網など、
最先端のテクノロジーの分野では中国(李家)の一人勝ち。
他国との技術力の差は開いていく一方です。

今回のニュースについても
トランプは偉そうに「協力容認」と言っていますが、
もはや時代遅れの技術しか持たないロスチャイルド家は手も足も出ない状態。

無双状態の最近の中国(李家)。
世界乗っ取り計画「一帯一路」は相当以上に上手くいっている様子。

何処かの国の馬鹿丸出しのトップとは違って、
今のところ死角が見当たりません。

内部ではゴタゴタがあるとは思いますが、
中国が誇る金盾(ファイアウォール)のおかげで
外からは伺い見ることができません。

とは言え、神様は「悪を使って悪を滅ぼす」ということを
大昔からやられていたので、
今回もそのパターンだと考えられます。

最終的には中国も滅ぼされるに違いありません。
私などではその方法は
まったく想像もつきませんが…。

追伸:
「すもももももももものうち」

更に追伸:
李家ってホントにしつこいですね。
北京が厳戒態勢らしい…。