まずは小さいことから完璧にやってみよう

パウロ先生

今日は私が
成功の秘密をテモテくんに
教えてあげるから
心して聞くのだゾ
やった!! 楽しみです。
僕も将来は
事業で成功して、
ZOZOの前澤社長みたいに
お金持ちになりたいです

テモテくん

パウロ先生

そうか!!
では私の言うことをよく聞けよ
はい

テモテくん

パウロ先生

まずは
“物事を完璧にこなす癖”を
つけることだ。
仕事や遊びを含めて
キミの毎日の生活の中で
さまざまな「やらなければならないこと」があるだろ?
そんな時「これくらいでいいや」と思って
なあなあに済ませていることはないか?
はい…
どうしても手を抜いてしまったり
面倒くさいことはやらない主義です

テモテくん

パウロ先生

気持ちはわかるよ。
しかも
ちょっとしたことでも“完璧”に仕上げるには
時間がかかるし、労力も必要とする。
例えば
部屋の掃除をするにしても
完璧にキレイにするのは至難の業だ
掃除は苦手です。
だって、どこまでやっていいのか
わからなくなって…。
散らかっているマンガを片付けていると
つい読み始めちゃうんですよ

テモテくん

パウロ先生

でも、そこで無理だとあきらめたら
永遠にキミの部屋はキレイにならないよ。
そこで発想の転換だ。
『小分け戦法』をするのだ
『小分け戦法』?

テモテくん

パウロ先生

そう!!
たとえば掃除の場合だっら、
「今日は机の周辺だけやる」とか
決めるのだ。
そして決めたら完璧にやること
それだったら
1~2時間もあればできますね

テモテくん

パウロ先生

そして、あまり日を空けないでコツコツとやっていくこと。
そうすれば完璧の範囲がどんどん広がって
気付いた時には部屋全体がキレイになっている
確かにいっぺんにやろうと思うとゲンナリしちゃうけど
これだったらできるかも…

テモテくん

パウロ先生

そう、高くそびえたつ山でもちょっとずつ登っていけば
必ず頂上に立つことができる。
ポイントは「完璧にやること」だ
わかりました、パウロ先生。
じゃ、今日はたっぷり寝て
明日から頑張ります

テモテくん

パウロ先生

うん、そうだな。
ってオイ!! 違うだろ!!
ホントにキミは人の話を聞いてないんだな~