スーパーシティは古代エジプトの奴隷制度の復活

すでにスーパーシティ化する街は決まっていると考えられますが、
とりあえず公募というカタチをとる無能な政府。

以下はポーズだけアイデアを出した各自治体。

超絶ブラック企業のトヨタがある愛知県では
なんと8都市が提出したとのこと。

さすが慶應三田会の豊田章男。
上級国民だけが幸せに暮らせ、
奴隷である私たちが24時間監視される街作りに貢献しています。

福島の名前がここでは挙がっていませんが、
土地の買収がほとんど終わっているので
最終的には表に出てくることでしょう。

そして大阪府では
府と市が共同でスーパーシティ構想を推し進めています。

最近では維新の会関係者が
テレビに出演することが多くなったと言われています。

李家・自民党の実働部隊(汚れ役)が維新の会ですから、
得意のスラップ訴訟をチラつかせて超監視社会を築くつもりでしょう。

この山岡氏のツイートに対して
工作員がワンサカ群がっています。

ということは上級国民にとって
吉村洋文のスキャンダルが世間に広まっては困るらしい。
まあ、吉村は維新の中で唯一クリーンなイメージで売り出し中ですから…。

でも一般市民の反応はとても冷静。

それにしても維新の連中って下品な人間ばかり。
こんな人たちが力を合わせて
ひとつのことを成し遂げられるとは到底思えません。

いい年こいて、ろくでなしばかりです。
どうせ仲違いして空中分解するのが関の山。

東京オリンピックと同じように
スーパーシティは海の藻屑となって消えゆく運命にあります。