漂流者たちの末路

世界中で嫌われ者のユダヤ人。
悪魔を崇拝し、
ユダヤ人以外の民族を「ゴイム」と呼んで蔑み
家畜のように扱ってきました。

世界の支配者たちはユダヤ人で
出口王仁三郎を信じ、
同じ思想を共有していることが
今回のコロナ茶番劇で明らかになりました。

上の写真で日本人の政治家たちが
なぜ「嘆きの壁」で祈っているのか、
今なら理解することができます。

彼らのゴイムに対する攻撃は続き、
今回のコロナ茶番劇でも多くの人が死ぬことになります。

ゴイムを完全に家畜化し、
ユダヤ人だけが安全で幸せに暮らすことのできる国づくりは
すでに始まっています。
それに関する記事は「Kawata no Blog」をお読みください。

各地で石もて追われた漂流者・ユダヤ人。
彼らについてまとめると下記のようになります。

〇天皇家一族=李家=客家=ユダヤ人の末裔

〇田布施一族=李家=ユダヤ人の末裔

〇在日朝鮮人=李氏朝鮮を支配していた王族の子孫(李家)

〇イルミナティ13血流=ユダヤ人の末裔

(ロックフェラー家やロスチャイルド家、李家含む)

◎ユダヤ人たちは現在大きく3つの勢力に分かれている。

ユダヤ人は遠い国の民族ではなく、
実は私たちの身近にいたのです。

明治維新以降、そのことがメディアによって巧みに隠されていただけで、
彼らは毎日のように私たちに不幸の種を蒔いています。

それがラプト理論によって、
白日の下に晒されたのです。

まるで庭にある大きな石をどかしたら、
ゲジゲジやゴキブリ、クモ、ナメクジなどが一斉に湧き出てくるように…。

彼らに逃げ場所はありません。

焼け付く太陽に照らされて、
干からびて滅びるしか選択肢はないのです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)