「税を通じた共助」の名目で増税へ向けた世論形成

「国債は借金」「財政破綻」は
嘘なので騙されないで欲しい。
それらは増税の言い訳だから…。

とことん国民から絞り取ろうとする麻生太郎。
コロナ茶番劇で仕事もないのに
どうやって税金を納めろというのか?

平気な顔をして嘘をばら撒く、
悪徳メディア・京都新聞の記事はコチラ。

国債=通貨発行残高

百歩譲って
京都新聞がいうように1114兆5400億円を返済しなければならないのなら、
李家の上級国民が湯水のように使って
仲間たちに分配したお金だから、
彼らに返済させるべき。

そして、まったく意味不明の言葉「分かち合い」。
「絆」「一丸となって」「皆さんの力が必要」「共に乗り越えよう」、
感情に訴えるのは
いつもの彼らのやり口。

庶民から金品を強奪してきたユダヤ人が
こんな美辞麗句を吐けるのは嘘だから。

もう彼らの嘘は聞き飽きました。
では、庶民の皆さんの意見をどうぞ。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)