悪あがきをする老陰謀論者「リチャード・コシミズ」

昔のリチャード・コシミズは輝いていた

私自身、「3.11」の頃はリチャード・コシミズのファンでした。
「キレ芸」が持ち味の彼の講演は面白く、
人工地震の仕組み、マグナBSPやロックフェラーの存在、
CFRがいかに民衆を苦しめる悪い奴らか、といった動画を
毎回楽しみに見ておりました。

私がラプトブログを知ったきっかけは
彼のコメント欄にリンクが貼られていたからです。

彼がおかしくなったのは「不正選挙追求」あたりですかね。
気持ち悪いコラを作り始めたのもその頃でしょうか?

明らかに悪ふざけしていた「不正選挙裁判」も、
見るに堪えられませんでした。
その頃からどんどんファンが離れていったと思われます。

と同時に、並行して読んでいたラプトブログの信憑性がますます高まり、
内容も充実していったのを覚えています。

ついにリチャード・コシミズの正体が暴かれた

時が経つにつれ、
内容が同じことの繰り返しだったり、風体がヤバくなったりして、
多くの人がリチャード・コシミズの話には耳を傾けなくなりました。
※最近の彼の講演会の参加者は数人らしいです…。それもスタッフなのか?

ベンジャミン・フルフォードとともに
彼の人相はどんどんが悪くなっています。
やはり神様に裁かれているのでしょう。

それでも民衆を誤誘導するのが彼の役割なので、
今度は「トランプ支持者Qアノン」の名前で
ツイッターで偽情報を拡散しはじめました。

また「5Gが危険」を煽るのも彼らの役割です。
これは金儲けのためであり、
電磁波ビジネス(イヤシロチグッズ)は
詐欺師・東出融の専門分野でした。

「MuhiMuhi20」さんのツイートが事実であることを決定づけるように、
馬鹿面さげて工作員がリプライしてきました。

こんな脅しが通用する時代じゃないのにね…。
とことん頭が悪いオッサン工作員たち。

で、最終的には
eri=リチャード・コシミズ説
まで出る始末。

しかも「eriのアイコンが地雷臭がするからブロックした」と言われてます。

そして結論へ…

以前はロックフェラー家が力を持っていて、
ロスチャイルド家、李家の3つのユダヤの血筋が
バランスを保ちつつ世界を牛耳っていました。

しかし神様が地上に降臨し、終わりの時を迎えたために
ユダヤ人たちが共食いを始めたのです。

結果、
ロスチャイルド本家=トランプ(アメリカ)
vs
ロスチャイルド分家+李家=日本&中国
という構図になっています。

つまりトランプは庶民の味方でもなんでもないし、
私たちを苦しめる上級国民そのものなのです。

従って「Qアノン」は真実を発信するけど、
その中に巧みに嘘を混ぜ込んでくるので
注意が必要なのです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)