不安を煽るビジネスは上級国民の専売特許

相変わらず悪徳・上級国民(イルミナティ)は
コロナ茶番劇を煽って庶民をビビらせています。

そんな中、
病院の新たな商売としてコロナが活躍しているらしい。
所謂「コロナ利権」の誕生です。

「コロナ認定」されただけで、
55万円をぼったくられるなんて驚きです。
ただのインフルエンザなのに…。

投稿者によれば
病院からの請求金額は建て替えるだけなので、
個人の支払いにはならないようです。

しかし原資は私たちが支払った健康保険料ということになります。
下のグラフ、
感染者全員の病院からの請求額は一体どれくらいになるのだろうか?

従って上級国民の息のかかった病院はコロナ患者を受け入れて大儲けができ、
関係のない庶民が運営している病院は
偽パンデミックで潰していくということ。

いつものエグいやり口です。

元々は手を組んで
ガンや高血圧、成人病をでっち上げて庶民から金を巻き上げていたはずなのに、
この仕打ち。

潰された病院の関係者は厚労省に対して、
怒りの内部告発をしてもらいたいものです。

やはりラプト理論によって
ガンのインチキを暴かれたのが痛かったのでしょう。

このままではワクチンも上手くいかないだろうし、
今後、病院はさらに淘汰されていくことになります。

ついでにマスクの害について。