コロナ茶番劇は年金受給者を減らす計画!?

現在、私の弟(40代)が発熱しています。
近くの赤十字病院に電話したところ、
診察してもらうことができませんでした。

「コロナウイルス対策の窓口に相談しろ」と言われたので電話してみれば、
お話し中。
まったく、つながりません。

「病院は(コロナの疑いがある)発熱した患者を入れたくない」ということでしょう。
ツイッターで「#たらい回し」を見てみると、
多くの病院がそのような対応をしているようです。

それなのに増え続けるコロナ感染者って一体何なのでしょうか。

統計の数字も改竄する政府だから、
患者数や死者数をいじくるのは日常茶飯事。

若い人でしたら自宅で寝ていても、
免疫力だけで回復することができますが、
老人は別です。

実際に中国では年寄りばかりが死亡しています。

コロナウイルスの地域別・年齢別の危険性を数字で分析してみた【2020年3月2日最新版】

事実上、病院が封鎖されている状態です。
今までインフルエンザや肺炎にかかった場合でも、
多くの老人が入院すれば助かりました。

しかし、この茶番劇によって彼らが見捨てられることになるのです。

安倍晋三たち支配者層は
老人ばかりか私たちに1円も渡したくないのが本音でしょう。

公的年金受給者数と年金総額は増え続けています。

平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況

老人たちを病院に行かせず見殺しにするのが
今回のコロナ・パンデミックの目的のひとつです。