見えないものに対する恐怖

イルミナティは「見えないもの」への恐怖を演出します。

彼らは人間の心理を巧みに操り、
放射能、ウイルス、核、電磁波、権力、霊、死に恐怖させることで
私たちを牛耳ってきました。

古来より「幽霊の 正体見たり 枯れ尾花」
ということわざがあります。

私たちが怖いと思っていたものの正体は、
嘘で塗り固められた“張りぼて”なのです。

彼らは情報操作によって上手く誤魔化してきましたが、
それがもうできなくなっています。

神様が世界中に張り巡らしたインターネットは
私たちの目であり耳であり口です。

暗闇にライトを照らしてみたら、
力のないみすぼらしい彼らの姿が浮かび上がります。

思考を止めて、
恐怖に慄いている時間はありません。

中心者の元に集まり、
「神様と義人が統治する世界が来るように」祈り求める時です。