今は祈りの時

出口がまったく見えてこない私たちの生活。
世界中から悲鳴が聞こえてきます。

「シオン議定書」に書かれているように、
安倍晋三が無能の政府を演じることによって、
世界政府へと導いている可能性があります。
(安倍の悲しくなるほどのバカ殿ぶりが演技だとしたら、
ある意味スゴいとは思いますが…)

いずれにせよ、彼らはパワープレイに出てきています。

サッカーでも負けそうになったチームは
ロスタイムになると自軍のゴールポストは捨てて、
キーパーまで出てきて総攻撃を仕掛けます。

今のイルミナティは
まさにそんな状態なのでしょう。

ラプト氏に対して
霊的な攻撃が激しくなっているとおっしゃっています。

私たちの生活において、
もはや御言葉はなくてはならない存在になっています。

御言葉は当然のことながら、
ラプト氏の口を通してしか与えてもらうことはできません。

御言葉なくしては、
私たちはどちらの方向に進んだら良いのかわかりません。

その御言葉が危機的状況に陥っています。

今は祈りの時です。

祈ることによって、
ラプト氏に張り付いているサタンを引き剥がせるのなら、
私たちが一匹でも多くのサタンを引き受けようではありませんか。

一人では難しいかもしれませんが、
多くの人が力を合わせれば
決して不可能なことではないと考えます。

中心者のいない世界では、
神様の力を肉界に反映させることはできません。
私はそんな「終わった世界」をただ呆然と生きるのは嫌なのです。

あと少しで試合終了のホイッスルが鳴ります。
その時を笑顔で迎えるのか、あるいは涙で迎えるのかは
今の私たちの行動にかかっています。

参考 永遠に神様と愛で結ばれて生きるためには、この地上にいる間に神様と愛の関係で結ばれなければならない。そして、神様と愛の関係で結ばれてこそ、この世でもあの世でも全てのものに満たされて生きられる。ラプトブログ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)