コロナ=インフルエンザ

和泉洋人首相補佐官とコネクティングルーム不倫をして話題になった
大坪寛子厚労省大臣官房審議官。

そんな彼女は罰(?)としてクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に
詰めていたらしいのですが、
仕事もせずマスクもしないでフラフラし、
作業エリアにスイーツやコーヒーを持ち込んで食べていた、とのこと。

彼女がいた場所はコロナウイルスとの戦いの最前線。
緊張感あふれる船内で
どう考えても非常識な行動です。

しかし彼女は知っていたのです
「コロナ=インフルエンザ」であることを…。

ある程度の知識があれば罹患しないし、
それほど過敏になる必要がなかったのでしょう。
だから気が緩んだ。

【不潔ルート写真】で炎上した橋本岳・厚労副大臣も同様でしょう。

上級国民はコロナウイルスのカラクリを知っていたからこそ
緊張感の欠片もなく、呑気に行動していたのでしょう。

本当に救いようのない下劣な人間たちです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)