コロナウイルスはニパウイルスではないか? という件

中国の街中で突然バタバタと人が倒れたり、
罹患した人が痙攣する映像を見て、
これは本当に「肺炎」なのか? という疑問がずっとありました。

https://www.liveleak.com/view?t=CGI9F_1580798625

以下は
「二階堂ドットコム」に投稿されたものですが、
潜伏期間や感染経路、症状など
完全に一致する気がします。

【投稿】某大学教授さんより

2020/02/20 12:28

まだ予断を許さないですが、二階堂ドットコムで触れておられたニパウイルスについてです。
急に倒れこみ意識が無くなる映像が出回っていますがあれがニパではないでしょうか?
これは治療法は無いですし、致死率は約5割と異様に高いです。
宿主はコウモリです。医務、馬、豚にも感染し、人から人への感染も確認されています。
急に意識障害が現れるようです。
当然、武漢病毒研究所でも扱っていたと思われます。

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/447-nipah-intro.html
https://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2011/10121600.html
https://www.jsvetsci.jp/veterinary/infect/02-nipavirus.html

ニパウイルス感染症


https://medicalnote.jp/diseases/%E3%83%8B%E3%83%91%E3%82%A6%E3%82%A4%E……3%E7%97%87
http://jsv.umin.jp/journal/v54-2pdf/virus54-2_237-242.pdf

とくに中国系が感染しやすいかも
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsv1958/50/1/50_1_27/_pdf

潜伏期間4-45日
飛沫、接触感染
5-7日以内に中枢神経症状として意識障害、痙攀などが生じる。
致死率は2-7割
神経学的後遺症を残す

これは絶対水際で阻止しなければいけません。
いまさら入国禁止しても意味がないといっている方もいますが、他国のように入国禁止にするのが当たり前です。まだコロナもどのようにピークに達するかもわかっていないのに意味がわかりません。

こんなときにも銭儲けですか・・・
https://finders.me/articles.php?id=1658
それこそ、人としてどうか・・・。

二階堂さんが提示していたように、中国人に罹るという情報は政府も聞いていたのでしょうか。それであの大甘対応となった可能性もあります。当然割合の問題ですが、日本人も罹りますし、どの程度が重篤化するかは調べたとは思えません。アメリカは原爆を落とし、焼夷弾で一般人を焼き殺した国です。そこまで信用してはいけないと思います。中国の自爆でしょうが、アメリカはずっと観察していたのでしょう。

それと、薬ではないですが、さまざまなウイルスへの感染抑制にアルギン酸やフコイダンがある程度効くという話があります。昆布など海藻に含まれる成分です。

以下は
厚生労働省研究班【バイオテロ対応ホームページ】から
引用します。

ニパウイルス感染症
病原体の特徴

マイナス一本鎖RNAウイルスであるパラミクソウイルス科へニパウイルス属ニパウイルスによる。ニパウイルスの自然宿主はオオコウモリで、感染オオコウモリの尿などの排出物からウイルスが分離される。1998年から1999年にかけて,マレーシアで始めてニパウイルス感染症が確認された。マレーシアでのニパウイルス感染症の流行では、オオコウモリから養豚場で飼育されているブタにニパウイルスが感染し、ブタの間で呼吸器症状を呈する感染症が流行した。その感染ブタからヒトへ、気道分泌物などの体液を介してウイルスが感染し、ヒトの間で脳炎が流行した。感染ブタがシンガポールに輸出され,それが感染源となりシンガポールのと畜場労働者にもニパウイルス感染症が発生した。2001年以降、バングラデシュ,インドでもニパウイルス感染症の流行が確認されている。これらの地域では,オオコウモリから直接ヒトがニパウイルスに感染し、ヒト-ヒト感染も認められている。(図1)。ヒトにおける症状は、マレーシアでは脳炎が中心であったが、バングラデシュ・インドでは呼吸器症状も多く報告されている。

主な臨床像

潜伏期間は4~18日。患者94名の症例報告によると,主な臨床症状は発熱,頭痛,めまい,嘔吐,間代性痙攣に伴う疼痛などの非特異的なものである。55%の患者には,意識レベル低下や脳幹機能不全症状などが認められ,眼球回頭反射の消失,縮瞳,血圧の上昇や頻脈などがみられた。94名の患者のうち,50名は完全に回復したものの,30名が死亡,14名には神経学的な後遺症が残った。死亡患者における,発症から死亡までは平均日数は10.3日(5~29日)であった。

臨床検査所見

ニパウイルス感染症に特異的検査所見はない。中枢神経系画像診断(CTまたはMRI)上で異常所見が認められる。何らかの髄液所見の異常が75%にみられたことが報告されている。

確定診断

ウイルス抗原・遺伝子検出による診断
鼻咽喉スワブ、尿、脳脊髄液などからのウイルス分離、RT-PCR法によるウイルス遺伝子の検出を行う。病理学的検査において、ウイルス抗原を検出する(免疫組織化学検査)。
ウイルスの抗体検出による診断
検査材料は血清である。検査実施前には,56℃で30分処理の熱非働化処理を要する。スクリーニングとしては、ELISA法によるIgG, IgM抗体検出が一般的であるが、非特異反応が多く認められるため、確定診断にはならない。確定診断には、中和試験を行う必要がある。

治療

ニパウイルス感染症に特異的な治療法はなく、対症療法が主体となる。抗ウイルス薬リバビリンが用いられることがあるが、その治療効果については評価が定まっていない。数か月から数年にわたる潜伏感染例のほか、治癒したと思われる患者の再発例が報告されている。そのため,きめ細かい経過観察が重要である。治療上の注意:ヒトからヒトへの感染事例が報告されていることから,治療の際には必ず標準感染予防策を徹底することが重要である。マスク,眼鏡等により粘膜を保護する。

予防(ワクチン)

有効なワクチンはない。

バイオハザード対策

我が国では、BSL-3(以上)の実験室で取り扱われる病原体である。なおBSL-4施設が稼働している諸外国では、BSL-4実験室にて取り扱われている。

感染症法における取り扱い

四類感染症に指定されており、ウイルス学的に診断されたニパウイルス感染症患者を診た医師は、直ちに最寄りの保健所に届け出る。

現時点では裏付けは取れませんが、
明らかに人為的にウイルスを作り出し、バラ撒かれたとしか
考えられない今回のパンデミック。

一日も早いウイルスの収束を
神様に祈り求めるばかりです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)