下層に位置する上級国民のビジネスとは?

上級国民の中でも下層に位置する人間がいます。
彼らは政治家たちのように
税金の甘い汁を吸うことができないので、
自分の足を使ってお金を稼がなくてはなりません。

そのひとつが、クラウドファンディングです。

クラウドファンディングは、ある目的のために不特定多数の人からお金を集めること。

例えば、ある人が自分の頭の中にある計画をプレゼンして、
「それを達成させるためには○円くらいのお金がかかります。
もし成功したら○○の権利を差し上げますので、支援してください」
などといって、お金を集めるのです。

昔、「マネーの虎」というテレビ番組がありました。
それのネット版ですね。

当然、社会貢献性が高いものが共感され、
お金が集まるようになっています。

しかし、ここまで説明しただけでも胡散臭さが全開。
計画を立ち上げる人間やお金の流れを含めて、
全てが不透明なので
詐欺事件の温床になるのは目に見えています。

実際にお金だけ集めて、
何もしないでバックレる悪人が後を絶たないのです。

そこにスピリチュアル系の人間や霊感商法、
芸能人、ITの連中が入ってきて、
魑魅魍魎の世界になっているわけです。

まあ、「入ってきて」というより
クラウドファンディングという詐欺システム自体が
彼らによって作られたものでしょう。

詐欺師の上級国民は横のつながりがあるので、
政治家、実業家、有名人とコラボして信用させ、
東出融のようにカモリストをせっせと作って
善意の人を騙しているのです。

田舎の老人しか見ていないオールドメディアも
それに便乗して騒いでいるわけです。

まあ、まともな人だったら
こんなくだらないことに
自分の大切なお金を差し出さないよね。

私たち下級国民は生活するだけで一杯一杯です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)