ショック・ドクトリンで「緊急事態条項」を盛り込んだ憲法改正をする可能性

2020年2月13日、
神奈川の80代の女性がコロナウイルスによって死亡しています。
他にも
東京、千葉、和歌山で感染者が確認されています。

ネットの情報では埼玉にも感染者がいるらしいので、
彼らの家族やこれまでに接触した人は
膨大な数に上がるでしょう。

どうもパンデミックは避けられそうにありません。

それにしても、
わざとこのような結果を招いているとしか思えない安倍政権。
確かにFTAのスピンの可能性はありますが、
事態は深刻です。

もしかしたら、
これを機に「緊急事態条項」を盛り込んだ
憲法改正をしようとしているのではないか?
という不安が頭をよぎります。

所謂、ショック・ドクトリンというヤツですね。

確かにコロナウイルスは脅威ではありますが、
私たちは政府の情報に踊らされることなく、
今後の展開を冷静に見ていく必要がありそうです。