あまりにも早急で壮大な神様の裁き

「神様が地上に降臨された」と
ラプト氏が啓示を受けたのが、2019年12月13日でした。

コロナウイルスの感染が確認されたのが、
2020年1月25日。

「この世では天と地がひっくり返るような出来事が次々と起きる」と、 2019年12月13日に宣布されています。

それが現実になりました。
あまりにも早急で壮大な神様の裁き。

残念ながら、
これは「終わりの始まり」です。

アダムとエバの時代から6,000年が経ちました。
サタン(イルミナティ=上級国民)が統治する時代は
終わったのです。
次の1,000年間は神様が統治する時代です。

神様は同時に「一生吹き続ける風はない」と、
宣布されています。

中国の国民を含めて、今は神様に祈りながら耐えるしかないのです。

私たちは時代の転換期を生きています。

「悪人は裁かれ、義人は栄える」
神様は私たちのそばにいて強力に導いてくださっています。
それを信じて生き抜いていくしか方法はありません。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)