中国共産党を巡るコロナウイルス情報戦でのおさらい

依然として猛威を振るうコロナウイルス。
収束する兆しが見えず、
今後の世界経済を危機的状況に陥らせることは間違いありません。

しかし、そんな中
中国共産党を巡って各組織の立場が明確になってきているので、
ここでおさらいをしておきたいと思います。

以前、私がツイートした中国共産党に敵対する組織です。

YouTubeでは
新唐人テレビは大紀元時報なので法輪功、
そして幸福の科学。

生長の家・宮崎正弘。

他にもありそうですが、こんな感じです。
生長の家の中国共産党たたきは昔から有名なので、
平常運転といえるでしょう。

では、逆に中国共産党擁護はいないのか?

WHOと天皇の運動会(オリンピック)をどうしてもやりたい日本政府がズブズブなのはわかりました。

メディアではバズフィード日本に
『「殺人ウイルス兵器」「かかったら死ぬ」YouTubeやTikTokで広がる「新型コロナウイルスの真実」に注意』という記事がありました。

コロナウイルスの破壊力を世間一般に広めたくない雰囲気を感じさせます。

バズフィード日本といえば、
ソロス財団ヒューマンライツウォッチやビル&メリンダ・ゲイツ財団、
CIA、伊藤穣一、SEALDs、エプスタインなど、
この辺の人たちのメディアです。

おっと、CIA…。
香港デモでCIAは反中国共産党だったはずですが、
ここで名前が出ています。

まあ、彼らは名誉や思想よりマネーが大切なので、
傭兵みたいにどちら側にもつくのでしょう。

こんな具合ですかね。
また気付いたことがあったら記事にします。

それにしてもコロナウイルス。
私たちが住む日本も確実に汚染されることが予想されます。
ラプト氏が言われるように人間的に対処するのではなく、
神様に縋り付くしか方法はありません。
祈りが大切です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)