戦争を「悪魔に生け贄を捧げる儀式」として利用する奴ら

戦争を美化する人間に要注意!!

「全身がん」というありもしない病気を拡散しようとして必死な高須克弥 。
彼はバリバリの天皇崇拝者でフリーメーソン。
そんな“めでたい頭脳”をお持ちの彼のツイートが炎上中なので紹介する。

炎上の理由は
片腕を失いながらも前線を生き延びた漫画家・水木しげるに対して
「落伍兵」と呼んで馬鹿にしたことが原因。
戦争を惨めなモノとして描いているのがけしからん、と高須は言いたいらしいが
戦争を美化することなどありえない。

このような憲法改正を主張する人たちは戦争を素晴らしいものとして、
罪のない若者たちを戦場へと送り込もうとしている。
しかもそれは自分たちの国を守るためではなくて、
悪魔に捧げる“生け贄”として計画しているから狂っている。

【ネトウヨ】高須院長、水木しげるを「落伍兵」呼ばわりして、その戦場漫画を非難

たとえ事実でも都合の悪いことは書くなbyネトウヨ高須
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
ここのカルトは
「戦争は霊魂進化のための宗教的行事」という教義だからね。
戦死してはじめて魂がどうこうっていうイスラム過激派式なんだよ。
カルトってキムチわるいね。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
むしろ漫画に書けばどうやっても惨めになってしまう戦況を作り出した日本政府が問題だろう
現場の兵士に英霊の現実を書くなと説教するよりもさ
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
営業右翼=朝鮮人
例外をまだ知らない。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
生きて帰ってきたんだからそれはそれで幸せなことだよ
戦場に行ったら死ななきゃならない理屈はない
高須は戦争を知らなさすぎる
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
ニューギニア戦線で片腕を無くした人を落伍兵とはクズにも程がある、高須の人間性が良く判った。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
高須は触っちゃいけない地雷を踏んだな
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
高須みたいなのが隊長やって、突撃だの玉砕だの叫ぶんだろう
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
天皇の意向がこうだ、これに反対する人間は右翼じゃない、保守じゃない、
こういう馬鹿げた天皇崇拝が戦争の一因だ。お前こそ黙っとれ。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
日本兵は一発の弾丸で100人倒したとかそんな漫画なら高須は大絶賛してただろうな
こういう人種は日本凄い日本最高とか大好物だから
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

本日のまとめ

太平洋戦争では天皇崇拝をしている一部のカルト的な人間が
マスコミを使って国民感情を煽り、
狂気の集団と化した。
その構図は現在でも変わっていない。
カルト宗教・生長の家の教義は
「戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事」というもの。
つまり戦争を宗教儀式のひとつとして捉えているのだ。
そして、戦死した人間は“英霊”として悪魔への生け贄として祀られる。
こんな狂った人間たちに今の日本は支配されていることを忘れてはいけない。

参考 安倍晋三・稲田朋美をはじめ緑の勢力が「第三次世界大戦」を引き起こそうとしている厳然たる事実。ラプトブログ 参考 日本を蝕む「日本会議」の正体は、カルト宗教・生長の家です。Kawata no Blog

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)