厚顔無恥な連中は排除されるべき

『わたしは知恵のある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さを意味のないものにする。』
コリント信徒への手紙一 1.19

今まさに、この聖句と同じことが起きています。
テレビや新聞で偉そうに語っていた政治家、学者、医者、起業家、
芸能人たちの化けの皮がどんどん剥がされています。

連中の発言は嘘にまみれ、
それが悪臭となって国中を覆い尽くしています。

しかしネットではその悪臭に気付く人が増え、
覚醒した人による真実の探求が行われています。

今後、それらの発言を弾圧するツイッター社やGoogleも神様から裁かれて
地上から消滅していくことでしょう。

連中の数々の醜態はネットワークの世界に残り、
未来永劫、人々から忘れ去られることはありません。

何食わぬ顔をして連中が公衆の面前に出てきても、
蔑みの対象となるだけです。

日本人は“恥の文化”と言われますが、
連中は反日教育を受けたユダヤ人の末裔。「厚顔無恥」という言葉がピッタリです。

炎上商法もしかり、
「やったもん勝ち」といわれるような連中の悪なる風習を
私たちは滅ぼさなければなりません。