創価に抱きつかれたフランスが裁かれている

エドモンド・ロスチャイルド・グループのオーナー銀行家、
ベンジャミン・ロスチャイルドが心臓麻痺で死んだらしい。
57歳という若さです。

ロスチャイルド家は現在3つに分かれているとされます。

ダヴィッド・レネ・ロスチャイルド:ユーロの支配者
ベンジャミン・ロスチャイルド:スイスフランの支配者
ジェイコブ・ロスチャイルド:ポンドの支配者

フランスといえばルノーであり、
ルノーといえば日産から金をパクって逃亡したカルロス・ゴーンですね。
そしてカルロス・ゴーンは創価学会の堀江貴文と対談しています。

ということはフランス=創価国ということになります。
従って、今回の事件は「創価学会に抱きつかれたフランスを支配するロスチャイルド家の人間が神様から裁かれた」と、いう図式になるでしょう。

世界中のイルミナティ(ユダヤ人)が命を落としています。
他の連中も戦々恐々としていることでしょう。