“平等”という言葉は嘘だったらしい…。

私たちは学校で、
“平等”という言葉を教わりました。

金持ちと貧乏人がいるのは
本人の努力した結果が
単にそうなっているだけだと…。

「金に困っていたり社会的な地位がないのは
本人の努力不足である」
よく聞く言葉です。
確かに一理はあると思います。

しかし、インターネットが構築され、
日本社会の様々な仕組みを知るにつれ、
それが嘘であることがわかりました。

2人を轢き殺しても逮捕されない
飯塚幸三の事件でも、
それが露わになりました。

上級国民、
そう彼は皇族です。

“平等”の外で
何の努力もしないでのうのうと胡座をかいている
特権階級が確実に存在します。

それが天皇を中心とする「李家」です。
「在日」である彼らは
あらゆる制度を利用して、
私たち日本人を苦しめてきました。

「李家」とは、
古代イスラエルから続く
悪魔崇拝者(イルミナティ)の一族です。

悪魔崇拝者のことが書かれている聖書は
決しておとぎ話ではありません。

現実の世界に彼らは生きているのです。
私たちは
その事実を知る必要があります。

彼らは今、
お互いに喰い合いをして
ボロボロの状態になっています。

その結果、
様々な悪事が白日の下に晒されています。
まさに断末魔の叫びをあげているのです。

2023年までには
すべてのイルミナティが滅ぶ予定です。
私たちは
その歴史的な瞬間を目の当たりにしているのです。

RAPT×読者対談〈第127弾〉イルミナティの終焉まであとわずか。

ラプトブログ